Contents


愛称「はごろも」

2016年12月19日放出
起動&運用中


愛称「GENNAI」

2014年2月28日打上
4月26日大気圏再突入


テザー宇宙ロボット実験

2010年8月31日打上
約10分間の宇宙実験


愛称「KUKAI」

2009年1月23日打上
地球周回中

Information

links





  
 
STARSプロジェクト
Space Tethered Autonomous Robotic Satellite
能見研究室 における衛星開発プロジェクトのHPです。
English Page

 
 
 
 
 
 
 
 

TOP > STARS-C

はごろも(STARS-C)の運用状況について

◆2017/02/12 HP掲載
2017/12/19にISSから放出されたSTARS-C(はごろも)は、翌12/20に親子が起動したことを確認し、その後衛星状態のチェックを行ってきています。 現時点までの解析では、電力状態は良好である、通信状態が不安定である、ことを確認しています。通信状態については、衛星搭載アンテナ状態の改善(*1)、および地上局整備(*2)を進めることで改善していく予定としています。 このため、当初計画していた1月末のテザー伸展は、4月以降(*3)に延期する予定としています。
(*1) はごろものアンテナは、非展開状態でも通信できる仕様であるが、完全に展開することにより、理想的な通信ができる。 アンテナ展開状態をデータから推定し、必要なコマンドを送信することを計画している。
(*2) 静岡大学地上局は、衛星運用としては「はごろも」が初であるため、実運用においていくつかの問題が生じている。 現在、これらの対策を行っている。
(*3) テザー伸展ミッションは、地上からの光学観測も計画している。 この計画を考慮して、全国的に天候がよい時期にミッションを行う方針とした。

→→→ STARS-C専用 Home Page

★STARS-C プロジェクト概要★
本小型衛星は宇宙エレベータの研究開発の第一歩として,軌道上におけるテザー伸展実験をミッションとします. 宇宙エレベータの研究開発は,まずは軌道エレベータ(軌道間を移動するエレベータ)を超小型衛星で実現することを目的としており, 日本学術会議の第22期学術の大型研究計画に関するマスタープランにおいて,「学術コミュニティの多様なニーズの実現へ向けた 超小型衛星の研究開発と軌道上実証」の4つのミッションの1つとして「宇宙エレベータPJ」は採用されています. しかしながら,国内では軌道上においてテザー伸展に成功した実績がありません. そこで本小型衛星では,テザー伸展に焦点を絞った軌道上実験を目的とし,機能制約はあるが短期間かつ低コストで開発できる特徴を持つCubeSatを開発します.


【STARS-C】
名称 TBD
技術名称 STARS-C
(Space Tethered Autonomous Robotic Satellite - Cube)
特徴
  ・テザーの伸展(100m以上)
  ・静岡大学衛星開発体制構築
  ・サイズ:2U (100x100x200)
        質量:親機1.50kg 子機1.16kg
 
通信
CW 親機:437.245 MHz、子機:437.255 MHz
FM 親機:437,405 MHz、子機:437.425 MHz
コールサイン 地上側局:JJ2YPK、親衛星局:JJ2YPL、子衛星局:JJ2YPM  


<お世話になっている企業>
□株式会社エステック
□NTN株式会社
□株式会社大林組
□コーダ電子株式会社
□株式会社コヤマシステム
□相模通信工業株式会社
□静岡理工科大学
□チーム奥澤
□帝人株式会社
□株式会社テクノ・モーターエンジニアリング
□日星電気株式会社
□日本アマチュア無線連盟(JARL)香川県支部
□日本アマチュア衛星通信協会(JAMSAT)
□株式会社TOSMO
□浜松商工会議所
□ヤマハ発動機株式会社

またSTARS-Cは、過去のSTARSシリーズ衛星のノウハウを活用しています。 STARSプロジェクトで、 お世話になっている企業・団体 の皆様に深く感謝申し上げます。

 
 
Copyright © since 2006 Nohmi Lab. all rights reserved.