Contents


愛称「はごろも」

2016年12月19日放出
起動&運用中


愛称「GENNAI」

2014年2月28日打上
4月26日大気圏再突入


テザー宇宙ロボット実験

2010年8月31日打上
約10分間の宇宙実験


愛称「KUKAI」

2009年1月23日打上
地球周回中

Information

links





  
 
STARSプロジェクト
Space Tethered Autonomous Robotic Satellite
能見研究室 における衛星開発プロジェクトのHPです。
English Page

 
 
 
 
 
 
 
 

TOP > STARS

STARS 地上光学観測
STARSシリーズ衛星は宇宙空間で複数基の衛星がダイナミック に動き回るミッションであることから、STARSプロジェクトでは、 全国の天文台の協力を得て、地上からの光学観測による撮影を 実施する活動を行っています。なお、本活動は 日本公開天文台協会(JAPOS) にご協力頂いています。

STARS-C光学観測可能パス予測(2017年5月20日時点)
・5月23日 21:15 (JST)頃
・5月24日 03:43 (JST)頃
・5月26日 03:24 (JST)頃
なお、場所によって前後に日程の方が適している場合があります。

☆彡2017/04/12 撮影成功
機材:103cm反射望遠鏡+単焦点化レンズ(F4.6) + I.I. + ニコンD5100(ビデオモード)
◆鳥取市さじアストロパーク

☆彡2017/04/12 撮影成功
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/_ex/curators/hayashi/stars_c.html
◆富山市天文台

☆彡2017/04/04 撮影成功
望遠鏡:イプシロン250-C、時刻:19時34分14秒、露出:1秒、ISO感度:12800相当
◆にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」(東経134.9998 北緯34.9999)

☆彡2017/03/28 撮影成功
左から:1回目撮影位置、2回目撮影位置、1回目補正あり、1回目背景、2回目ノイズのみ除去
◆芸西天文台

望遠鏡:口径101cm(F6)、装置:SBIG STL-1001E、フィルターなし、視野:14'×14' 程度
□通過パス(参考)2017年3月28日夕方(TLE@3/13)
◆美星天文台(経度 133.5452°緯度 34.6719°標高 420m)

☆彡2017/03/22 撮影成功
撮影中央時刻:4時56分30秒(10秒露出) 撮影座標:赤経23h23m11d/赤緯 +80°10'08"
□通過パス(参考)2017年3月22日明け方(TLE@3/13)
◆芸西天文台

☆彡2017/02/15 撮影成功
機材:300mmF2.8 + I.I. + ニコンD5100(ビデオモード)、赤道儀で恒星時追尾(映像の上が北)
◆鳥取市さじアストロパーク

http://www.bao.city.ibara.okayama.jp/astro/stars-c/170215/bao_170215_01.jpg
http://www.bao.city.ibara.okayama.jp/astro/stars-c/170215/bao_170215_02.jpg
望遠鏡:口径101cm(F6)、装置:SBIG STL-1001E、フィルターなし、視野:14'×14' 程度
望遠鏡:口径80mm(焦点距離400mm、F5)、カメラ:SONY α7s(ISO 128000、1/10s の動画撮影)
◆美星天文台(経度 133.5452°緯度 34.6719°標高 420m)

望遠鏡:口径1m、焦点距離8000mm。PENTAXアイピース(f40mm)+Canonビデオレンズ(f6mm,F1.2)で焦点距離を1200mmに変換。カメラ:WATEC WAT100N(Neptune100)。視野:18.3x13.8arcmin。
◆富山市天文台

http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/DSC_9867.jpg
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/DSC_9867b.jpg
17時10分30秒、イプシロン250-C直接焦点 fl=854mm、カメラ NIKON D5200 ISO=10880相当、露出1秒
◆にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」(ほぼ135.0度、35.0度)

☆彡☆彡はごろもと国際宇宙ステーションのランデブー撮影
このたび、はごろもと国際宇宙ステーションのランデブーの撮影に成功しました。


◆倉敷科学センター


◆鳥取市さじアストロパーク


◆明石市立天文科学館

観測は天候、タイミングなどに大きく左右されるため、 今回の成功は多くの天文台、天文家の参加による成功です。 国際宇宙ステーションから放出された超小型衛星を、 日本公開天文台協会を中心とする各地天文台が 地上からの撮影に挑戦する活動は世界でも初めての試みです。



□■□過去のSTARS衛星の地上光学観測□■□


☆彡STARS-II (GENNAI)


☆彡STARS (KUKAI) ・・・ 銀河の森天文台提供


 
 
Copyright © since 2006 Nohmi Lab. all rights reserved.