Contents


Stars-AO

平成30年度打ち上げ予定


愛称「はごろも」

2016年12月19日放出
起動&運用中


愛称「GENNAI」

2014年2月28日打上
4月26日大気圏再突入


愛称「KUKAI」

2009年1月23日打上
地球周回中

Information

links





  
 
STARSプロジェクト
Space Tethered Autonomous Robotic Satellite
能見研究室 における衛星開発プロジェクトのHPです。
English Page

 
 
 
 
 
 
 

PDF File
TOP > Stars-AO

★プロジェクト概要★
今世紀の超小型衛星の出現は,宇宙開発に多くの可能性を示唆しており,宇宙利用裾野拡大への貢献も大きく期待されている. そのような可能性の一つに,個人所有の衛星,パーソナルサテライトの期待も含まれている. このような背景から本プロジェクトでは, CubeSatによるお手軽な軌道上望遠鏡 により撮影した写真の 大容量データをアマチュア無線でダウンリンク する超小型衛星を開発することとした. 近年のカメラ技術の進歩は著しいものがあり,超高感度カメラにより短い露光時間で星を撮影できる. この超高感度カメを搭載することで宇宙(星空)撮影は可能となり,残る課題は撮影データ(大容量)を地球に伝送すること,撮りたいものを撮るための姿勢制御を実現することとなる. 本衛星開発では,多くの人が受信できるアマチュア無線を利用した高速通信,そしてCubeSatの天体観測のための姿勢制御法構築を目指す.

 ■□■イベント履歴■□■
◆2017/07/16: 基本設計審査会(PDR)を実施しました。
◆2017/06/28: IARU(国際アマチュア連盟)から通信周波数割当を受けました。
◆2017/04/20: 平成30年度打上げ予定のH-IIAロケット相乗り衛星に選定されました。
◆2017/04/09: 超小型天体観測衛星 AO-stars のキックオフミーティングを行いました。

 ■□■コアメンバー(あいうえお順)■□■
 □飯田幸孝(チーム奥澤/PE-BANK)
 □今村謙之(SIProp.org)
 □奥澤翔(チーム奥澤)
 □奥長啓太郎(PE-BANK)
 □清水海里(静岡大学大学院)
 □下元繁男(芸西天文台)
 □夏目秀行(チーム奥澤)
 □能見公博(静岡大学)
 □深井寛(JARL/JAMSAT)
 □益田直樹(チーム奥澤)
 □横田一弘(越谷総合高校)

【Stars-AO】
名称 TBD
技術名称 Stars-AO
 (1U CubeSat of
 "Stars satellite for" or "Stars photo by"
 Astronomical Observation)
特徴
  ・軌道上宇宙撮影/天体観測
  ・大容量撮影画像データの高速ダウンリンク通信
  ・サイズ:1U (100x100x100)  質量:1.33 kg (TBD)
 
通信
CW 437.350 MHz、FM 437.400 MHz、高速ダウンリンク:437.200 MHz
コールサイン TBD  
 
 
Copyright © since 2006 Nohmi Lab. all rights reserved.