Contents


愛称「三光」
2021年3月14日放出
NEW


愛称「募集予定」
ISSから放出予定
開発中


愛称「てんりゅう」

2018年10月06日放出
2021/06/26 大気圏再突入


愛称「あおい」

2018年10月29日打上
運用継続


愛称「はごろも」

2016年12月19日放出
2018/03/03 大気圏再突入


愛称「GENNAI」

2014年2月28日打上
4月26日大気圏再突入


愛称「KUKAI」

2009年1月23日打上
CW受信

Information

links







  
 
STARSプロジェクト
Space Tethered Autonomous Robotic Satellite
能見研究室 における衛星開発プロジェクトのHPです。
English Page


 
 
 
 
 
 
 
TOP > STARS-X

宇宙テザー利用技術実験衛星
 超小型衛星STARS-Xプロジェクトは、 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の公募する「革新的衛星技術実証3号機」の実証テーマに採択されました。 採択されたテーマは、「宇宙テザー技術を用いたデブリ捕獲の技術実証」です。 STARS-Xは、50kg級衛星で、これまでのSTARSプロジェクトの衛星と比較すると大型な衛星になります。 今回のミッションは、 宇宙空間でテザーを1km伸展し、 その上をロボット(クライマー)が移動。 そして、ネットによるデブリ捕獲実験を行います。
【STARS-X】
愛称 TBD
技術名称 STARS-X
ミッション
- 重力傾斜を利用したテザー伸展
- クライマー移動によるテザー伸展形状制御
- テザーネットによるデブリ捕獲デモ
 
概略仕様
 寸法: 約50cm立方(親子含めて)、質量: 約50kg。

 ■□■履歴■□■
◆2021/01/29 50kg級衛星STARS-Xの説明会を開催しました。 →開催案内

◆2021/01/22 50kg級衛星STARS-Xが、 「革新的衛星技術実証3号機」に搭載する実証テーマに、 追加選定されました。



 
 
Copyright © since 2006 Nohmi Lab. all rights reserved.